某フードイベントで2年連続日本一! 今年も「全日本肉汁グランプリ」で第2位に輝いた千葉県・松戸発のラーメン店「肉玉そば おとど」の人気メニュー「肉汁おとど餃子」。
こちらは、おとどの店主・越智雄一氏が考案した特製肉汁餡(味付き背脂がたっぷり詰まって肉汁満載!)と、それを包むは皮&麺作りの名門、浅草開化楼が生み出したオリジナル小麦粉"傾奇者粉"を使った皮。その2つが相成り、互いを補完しあすえも言われぬ餃子が誕生!
しかもこの餃子、普通の餃子と違い、あらかじめ味がしっかりと付いていて、タレを付けずに食べても◎。もちろん、タレや醤油、酢とラー油などで食べてもおいしいので、そこはぜひ食べ比べてほしいところ。

「肉フェスvs餃子フェス」提供メニューは…?

もちろん「肉フェスvs餃子フェス」でも、その「東京名物 肉汁おとど餃子」(700円)が、よりパワーアップして登場。そのパワフルな味わいは必食です。
さらに今回は、塩スープと柚子の絶妙なハーモニーが楽しめる「ネギ塩スープ餃子 柚子添え」(700円)も出品。ちなみに、おとどでは餃子はもちろんのこと、日本一ごはんが進むと言われる看板メニューのラーメン&つけ麺はもちろん大人気で、過去には様々なメディアやグランプリで活躍。
松戸の他、葛西、亀有、高円寺、新小岩と都内各所に店舗があるので、気になる方はぜひ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.