ステーキの本場アメリカの雰囲気の中でおいしいお肉を! をコンセプトに、元サッカー日本代表の本田泰人さんが立ち上げた「ステーキハウスUS•6」。現在は埼玉県の東松山、神奈川県・横浜の港南台、同じく神奈川県の小田原、そして福岡県・北九州の則松と全国で4店舗を展開し、どこも店内はしっかりアメリカナイズされ、雰囲気たっぷり。

そんな店内で味わえるのは、柔らかく脂の乗ったUSリブロースや上質なフィレ肉のテンダーロイン。さらには、和牛で言うところのA5ランクのお肉を使ったプライムステーキなどなど、様々なステーキがレギュラー(200g)からなんともワイルドな1ポンド(約450g)までたっぷりと味わえます。その他にもハンバーグやUSプライムビーフをトロトロになるまで煮込んだビーフシチューなど、バラエティ豊富に取り揃え、子どもから大人まで楽しめるところも人気の秘訣。

「肉フェス KANAZAWA」提供メニューは…?

画像: 「肉フェス KANAZAWA」提供メニューは…?

そしてこのたびステーキハウスUS•6が「肉フェスKANAZAWA」に出品するのは、厳選のアメリカ産ハラミを贅沢にカットし焼き上げた「ガリバタROCKステーキ」(1400円)。こちらは特製のガーリックバターがガツンと効いたステーキハウスUS•6自慢の看板メニュー。溢れ出す肉汁とガリバタの旨みがとにかく最高で、やみつき度MAXの王道ステーキです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.