「京都 きむらてつ」改め、現在は「炙り家 縁」として六本木・西麻布交差点すぐに軒を構える本店。こちらは現地直送の京野菜に絶対の自信を持っていますが、もちろんお肉の方も抜かりなく、上質な素材をシンプルに味わえる、都内にいてあくまで京風を貫く人気店。

野菜、お肉、そして卵や調味料まで、あらゆる素材にこだわる炙り家 縁の数あるメニューのなかでも、とりわけ人気なのは「和豚もち豚のしゃぶしゃぶ」。縁が誇る京野菜と日本一おいしい豚との呼び声高い和豚もち豚。いかにも縁らしい厳選された食材を活かしたこの逸品は、素材本来の味が楽しめるとお客さんの間でも大きな話題に。さらには、過去に「肉フェス」で準グランプリを獲得した、その肉肉しいレア感が魅力の「きむらてつ炙り家 縁サーロインカツレツ」も大人気です。

「肉フェス KANAZAWA」提供メニューは…?

画像: 「肉フェス KANAZAWA」提供メニューは…?

今回の「肉フェスKANAZAWA」でも、その自慢のカツレツが京野菜の代表格:九条ネギたっぷりで楽しめる「京九条ネギ 牛サーロインカツレツ」(1400円)が登場。
柔らかく、牛本来の旨みを凝縮した、ステーキとしても美味しいサーロインを贅沢にもカツレツにしたこの逸品。それはサクサクの衣と相成り、普通のステーキとはひと味違った絶品へと昇華。しかも、そこに本場京都産の九条ネギを添え、わさび醤油でさっぱりと楽しめるというのは、まさに至福の時間。また、今回は食べ応え十分な「京九条ネギ 牛サーロインカツサンド」(700円)も販売決定です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.