今回の「肉フェスSENDAI」に、小籠包で勝負するのは、地元・仙台にある「鼎`s by JINDINROU」。こちらは点心の本場・台湾にある名店「京鼎樓」が生んだ「羽根つき焼小籠包」の専門店であり、なおかつ食の都・香港の要素も取り入れた新たなスタイルのコンセプトショップ。

今年7月1日のオープンながら早くも大きな注目を集め、9月初頭に福岡で開催された「肉フェスvs餃子フェス」にいきなり参戦した鼎`s by JINDINROUですが、店舗では美食&ヘルシーをキーワードにバラエティ豊かな、様々な料理がラインナップ。しかも、価格もリーズナブルで店内もカジュアルなテイストで若い女性にも大人気!

「肉フェス SENDAI」提供メニューは…?

画像: 「肉フェス SENDAI」提供メニューは…?

数あるメニューの中でもやはり一番人気は小籠包。本イベントで提供される「羽根つき焼小籠包」(700円)は、パリパリ感とたっぷりの肉汁、ジューシーでありながらも香ばしい、普通の小籠包とはまた違った魅力が楽しめる。お見逃しなく!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.