「肉フェスSENDAI」の開催地、仙台で人気の「焼肉レストランひがしやま」と「炭焼牛たん東山」。その両者が今回はコラボ!

創業30年を迎える老舗焼肉店「焼肉レストランひがしやま」は、東北、宮城県の食材を使用した地産地消メニューを豊富に取り揃え、なおかつ食べ放題や飲み放題、そしてランチも精力的に展開中。地元の肉料理の拠点として子供から大人まで愛されています。一方、「炭焼牛たん東山」はその名の通り、仙台名物牛たんの本場の味を提供。食材にもこだわり、霜降りの入ったたん元に近い部位のみを使用し、その厚みのある牛たんを1枚1枚炭火で丁寧に焼き上げることで人気を博しています。

「肉フェス SENDAI」提供メニューは…?

画像: 「肉フェス SENDAI」提供メニューは…?

そんな両店が今回コラボすることで、厳選和牛のA-5版仙台牛のカルビと仙台名物厚切り牛たんを一度に味わえることに。「A-5仙台牛と仙台名物厚切り牛たんの串焼」(1,400円)は審査基準が厳しく、肉質等級が「5」のみのブランド和牛:仙台牛のカルビを豪快に串焼し、さらには昔ながらの製法で職人が仕上げた仙台名物の厚切り牛たんとともに楽しめます。口当たりがよくやわらかで、まろやかな風味と肉汁が特徴の仙台牛と3日3晩しっかりと熟成させた牛たん。地元仙台の味をたっぷりとお楽しみあれ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.