全国の肉好きから愛されてここまで成長してきた「肉フェス」。
2017年シルバーウィークに開催した「肉フェス TOKYO 2017 秋」「肉フェス OSAKA 2017」にて、ついに累計来場者数が500万人を突破しました〜〜〜!

2014年春に誕生した肉フェスは、累計開催数36回目(日本17都道府県)と開催、多くのみなさまにご来場いただきました。500万人突破に感謝の気持ちを込め「肉フェス TOKYO 2017 秋」駒沢会場では記念セレモニーを開催、同時にオフィシャルtwitterではキャンペーンを開催中!
 

記念セレモニーに肉アイドル・肉フェス応援団長も登場

500万人突破後は東京・駒沢会場で記念セレモニーを開催。急遽、肉フェス応援団長のフォーリンデブはっしーと、肉フェス公式アイドル柚之原りえが駆け付けてくれて、これまでの肉フェスを振り返るトークや鏡開きで会場を盛り上げました。
さらに、ご来場いただいたお客様へ感謝の気持ちを込めて、ビール半額セール&振る舞い酒を。会場全体がお祝いムード一色で包まれました!
 

さらに!「肉フェス」公式Twitterで特別プレゼントキャンペーン実施中!

これまで肉フェスを応援してくれた全国のみなさまへ感謝の気持ちを込め、、公式Twitterでプレゼントキャンペーンを実施中!肉フェス最多出店だけでなく、販売売上において4回連続総合優勝という記録を樹立した「格之進」。そして肉フェス史上唯一殿堂入りを果たした格之進の「門崎熟成肉 塊焼」1万円分を抽選で5名様にプレゼント!みなさまのご応募お待ちしてます☆

<応募方法>
① 肉フェス公式ツイッターのアカウントを「フォロー」
② キャンペーン投稿に「いいね」
③ キャンペーン投稿を引用リツイート
この3つの条件をクリアした方の中から、抽選で5名様にプレゼント!

鏡開き&振る舞い酒には「一ノ蔵」が!

今回、500万人突破記念キャンペーンで振る舞われたのは、「一ノ蔵 特別純米樽酒(たるざけ)」。淡麗な味わいと喉越しの冴えに定評のある辛口の特別純米酒。杉樽に一定期間詰めて杉の香りを移した、爽やかな杉香に豊かなコクと旨味が調和した味わいの酒です。肉フェスの節目となる瞬間を盛り上げてくれました。ありがとうございます!

宮城 地の酒「一ノ蔵」

自然との共生を大切にし、伝統を守っていくこと。お客様に満足していただくこと。地域振興につなげること、これが一ノ蔵の酒造りの原点。この精神のもとに、宮城県内の4つの酒蔵がひとつになり、昭和48年一ノ蔵が誕生しました。
奥羽山系の伏流水を水源とする豊富な地下湧水と良質の米に恵まれ、自然豊かな宮城県大崎市松山に蔵を構える一ノ蔵では、清潔でゆとりのあるスペースと最新の酒造機器、設備の積極的な導入をしながら、創業時に掲げた「手づくりの仕込みによる高品質の酒造り」を現在も忠実に守り続けて、年間約2万石を醸出しています。

◆使用米:ササニシキ・蔵の華
◆精米歩合:55%
◆アルコール分:15度
◆日本酒度:+1~+3

株式会社 一ノ蔵
宮城県大崎市松山千石字大欅14
創業:昭和48年1月
公式サイト:http://www.ichinokura.co.jp/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.