お肉を買ってきたけれど、お肉をいただいたけれど、どう保存するのが正解なんだろう…。いつもなんとなく冷蔵庫に入れてしまうけれど、本当にこれでいいのかなと不安になったりしますよね。今回はそんな素朴な疑問、お肉の保存についての本当のところを種類別にご紹介します!

牛肉編

保存方法…冷蔵なら3日、冷凍なら約1か月。
冷蔵での保存は、空気に触れないようラップでしっかりと包み、さらに密閉容器や保存用ポリ袋に入れ氷温室(チルド室)へ。挽肉の場合は1~2日で使い切ってください。
冷凍保存の場合は約1か月が目安です。冷凍したお肉は「低温でゆっくり解凍」が原則。氷温室で解凍すれば、ドリップ(肉汁)も出にくいでしょう。

豚肉編

保存方法…挽肉は1~2日で使い切って。
冷蔵庫での保存は3日が目安。冷凍庫では1か月です。挽肉は傷みが早いので1~2日で使い切るようにしてください。

鶏肉編

保存方法…買ったら翌日までに食べ切って!
鶏肉は傷みやすいため、購入した日の翌日までに食べきることが基本です。
保存をしたい場合は新鮮なうちに、下茹でやマリネなどの下ごしらえをしてから小分けに。
冷凍保存の目安は約1か月です。ささみなどは一本ずつラップで包み、更に密閉容器や保存用ポリ袋に入れましょう。

参考文献
実業之日本社編『知っておいしい肉事典』実業之日本社

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.