炭水化物解禁を果たした【肉×炭水化物】がテーマの通称ウラ肉フェス「肉フェスさいたま新都心2018」。スポーツ&食欲の秋、<カラダに喜びを与える>がテーマの立川開催のオモテ肉フェス「肉フェス昭和記念公園2018」は【肉×スポーツ】で健康に!今回は、対極にある2つの肉フェスをバトル形式で比べてみましょう!

1回戦:ゴージャスうにく?山盛りビーフ?インスタざわつく迫力のフォトジェ肉対決!

画像1: 1回戦:ゴージャスうにく?山盛りビーフ?インスタざわつく迫力のフォトジェ肉対決!

初出店の隠れ家イタリアン『リストランテ ツヅキ』が肉フェスに初出店!ガーリックバターの効いた、パワフルな旨み溢れるサーロインステーキに濃厚うにのエスプーマソースがたっぷり! まさに“贅沢うにく”と言わずになんと呼べるでしょう・・・・・・。とろけるような、うにと肉のハーモニーは「肉フェス国営昭和記念公園2018」で!

画像2: 1回戦:ゴージャスうにく?山盛りビーフ?インスタざわつく迫力のフォトジェ肉対決!

パリの熟成肉店がプロデュースするフレンチレストラン『Cellar Fête セラフェ』が肉フェス初参戦!肉々しさあふれる、うまみたっぷりのローストビーフがこれでもかと山盛り!初陣に相応しい圧巻のビジュアルでSNS映えも一人勝ちです。独自の生産ルートで仕入れたヘルシーな牧草牛を使用し、厳選有機野菜を “碑文谷ベーカリー”の焼きたてパンでサンド。渡仏11年のキャリアを持つシェフが振る舞う逸品です。

2回戦:ご飯と絡める?単品勝負?飲めるハンバーグ対決!

画像1: 2回戦:ご飯と絡める?単品勝負?飲めるハンバーグ対決!

淡水化物解禁のウラ肉フェス「肉フェスさいたま新都心2018」では、肉フェス看板メニューの飲めるハンバーグもロコモコ丼に変身!白米に絡む、のめるハンバーグのじゅわっと溢れる肉汁と卵・・・・・・「肉フェスさいたま新都心2018」ならではの「新・飲めるハンバーグ」のトリコになること必至!

画像2: 2回戦:ご飯と絡める?単品勝負?飲めるハンバーグ対決!

「肉フェス国営昭和記念公園2018」では、通常バージョンの飲めるハンバーグが登場!豊かな緑に囲まれて、やみつきになる旨みの詰まった熱々肉汁と、飲めるハンバーグの醍醐味ふわとろ食感を存分に味わいましょう。

3回戦:バンズは肉?それともパン?SNS映えは基本!前代未聞のハンバーガー対決!

画像1: 3回戦:バンズは肉?それともパン?SNS映えは基本!前代未聞のハンバーガー対決!

バンズが肉だっていいじゃない!ハンバーガー好きなら絶対見逃せない、『肉バルCarne Tribe』の肉バーガー。和風オリジナルソース、トマトベースのBBQソース、刻みたまねぎのタルタルソースの3種を混ぜ合わせた特製ソースは、肉々しくジューシーなバンズ、濃厚チェダーチーズとの相性バツグン!SNS映えもバッチリです。

画像2: 3回戦:バンズは肉?それともパン?SNS映えは基本!前代未聞のハンバーガー対決!

『ゼストキャンティーナ』からは、和牛最高峰と言われる神戸牛とオーストラリア産の赤身肉をベストな配合で混ぜ合わせた、うまみたっぷりのジューシー贅沢パティが自慢のハンバーガーが登場。あふれ出す肉汁に思わず舌鼓。カラフル&ボリューミーでとってもフォトジェニック!たっぷりチーズもいいアクセントに。

4回戦:秋を楽しむ?ほろほろを堪能?スペアリブ対決!

画像1: 4回戦:秋を楽しむ?ほろほろを堪能?スペアリブ対決!

食欲の秋がやってきた!旬を楽しむなら『ビストロ男前南越谷店』の国産豚のスペアリブとパエリアで決まり!肉の出汁と旬のキノコ類、香味野菜を入れて炊きあげたパエリアの上に、ボリューミーかつ上質なスペアリブを乗せたオリジナルメニューです。見てのとおり、食べ応えも抜群!さっぱりながらコクのあるトマトソースとアクセントに、砕いたナッツを合わせて秋を楽しみつくしましょう。シェアもおすすめ。

画像2: 4回戦:秋を楽しむ?ほろほろを堪能?スペアリブ対決!

お箸でもいただける、ほろほろに煮込まれたスペアリブ!『SHUTTERS』自慢の逸品です。肉ばなれもよく、とろけるような脂と肉のハーモニー。甘辛の味付けは肉本来の持ち味とも相性抜群!手が汚れないので、女子人気も高いメニューです。

赤身肉×エクササイズで健康的にいくなら「肉フェス国営昭和記念公園2018」!

赤身肉はダイエット&美容肉の定番食材!開放的な国営昭和記念公園での肉フェスは【カラダが喜ぶ】がテーマ!美味しく食べて、しっかりエクササイズで美ボディと健康を手に入れましょう。

画像1: 赤身肉×エクササイズで健康的にいくなら「肉フェス国営昭和記念公園2018」!

A4・A5ランクの佐賀牛を使用した厚切りステーキと、とろける新食感がたまらない北九州・小倉発祥の焼しゃぶをプラスした贅沢な一皿が『肉処 天穂』から登場。九州産ブランド肉を扱う当社だからこそできたこと。最高級の九州和牛を、一皿で二度味わえる逸品です。和牛好き・赤身好きなら、これを食べなきゃ始まら

画像2: 赤身肉×エクササイズで健康的にいくなら「肉フェス国営昭和記念公園2018」!

『肉料理 それがし』からは透けるほどに極薄スライスされた黒毛和牛A5ランクのローストビーフが登場。卵黄ベースの濃厚なソースが絡み合えば、食感はまるでシルクのにリッチでなめらか。ローストビーフ、はじめて!と感じること必至の肉体験。口の中でとろけるのは、絶妙な薄さのなせる業。

画像3: 赤身肉×エクササイズで健康的にいくなら「肉フェス国営昭和記念公園2018」!

ボリューム満点!とにかく肉を食べたい欲を満たしてくれる、肉本来の旨味が凝縮された、150グラムの牛ハラミステーキは『表参道Lounge 1908』から。玉ねぎと醤油をベースにしたシャリピアンソースでいただきます。ビールとの相性も抜群!ビール片手に仲間と乾杯!

とにかくたらふく鶏が食べたい!そんなあなたは「肉フェス国営昭和記念公園2018」へ!

推し肉は鶏!そんなあなたは立川「肉フェス国営昭和記念公園2018」にいくしかない!珠玉のからあげ・肉料理が待っています。

画像1: とにかくたらふく鶏が食べたい!そんなあなたは「肉フェス国営昭和記念公園2018」へ!

ひとつ食べたらとまらない、味自慢の中津からあげは『大分聖地中津からあげ ぶんごや』から登場。大分県中津市のご当地からあげが肉フェスにやってきました!鶏全体にしっかりと味が染み込み、衣は薄めでカリッとジューシーな口当たり。大分のソウルフードを肉フェスで!

画像2: とにかくたらふく鶏が食べたい!そんなあなたは「肉フェス国営昭和記念公園2018」へ!

あの台湾ラーメンの超有名店『郭政良味仙(かくまさよしみせん)』が、隠れファンも多いという「味仙秘伝唐揚げ」と共に肉フェスに参戦!店秘伝のたれにじっくり漬け込んだ鶏もも肉が、唯一無二の味わいを生みます。カラッと揚げ、刻みネギを絡めた、店主一押しの自信作。深い辛味に仕上がったジューシーな唐揚げは一度食べたら癖になる!辛党はもちろん、レギュラー味もあるので、辛いのが苦手な人も安心。

画像3: とにかくたらふく鶏が食べたい!そんなあなたは「肉フェス国営昭和記念公園2018」へ!

今年のブームのいえば、とろーりチーズと甘辛コチュジャンソースの鶏肉にやられる人続出の韓国発チーズダッカルビ!『TEJI TOKYO』でも、女子人気の高いメニューだそう。

白米×ステーキは正義!それなら「肉フェスさいたま新都心2018」で心行くまで!

画像: 白米×ステーキは正義!それなら「肉フェスさいたま新都心2018」で心行くまで!

ついに封印が解かれた!究極のがっつり系肉メシが揃う「肉フェスさいたま新都心2018」では、ステーキ丼もよりどりみどり!牛だけでなく、トンテキから馬肉までなかなか味わえない逸品が勢ぞろい!ビール片手に仲間とわいわい、ステーキ丼の食べ比べも肉フェスならではのおすすめの楽しみ方です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.