2016年4月28日(木)~5月8日(日)、東京都江東区の「お台場シンボルプロムナード公園 夢の広場」にて、Food Nations実行委員会主催により開催いたしました『肉フェス TOKYO 2016 春』におきまして、ご飲食されたお客様より体調不良のご連絡を複数件頂き、通報内容につきまして江東区保健所にて調査をした結果、同イベント内にて販売した「ハーブチキンささみ寿司、鶏むね肉のたたき寿司」の一部商品がカンピロバクター菌に感染している事が判明し、体調不良の原因が同商品を飲食した事に起因する食中毒症状であるとのご指摘をいただきました。

『肉フェス』では、2014年春の第一回開催以降、来場者された皆さまが安心して楽しんで頂けるフードイベントを目指し、関係各機関からのご指導の下、出店店舗の衛生管理について周知徹底を図ってまいりましたが、このような事態を招く事となり、発症された皆様とそのご家族、関係者の方々に対し、心より深くお詫び申し上げます。また来場された皆様やご協力いただいた皆様に、多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを重ねてお詫び申し上げます。

上記イベント開催期間中に「ハーブチキンささみ寿司、鶏むね肉のたたき寿司」を飲食され体調がすぐれない等、お心当たりのあるお客様は、大変お手数ではございますが、下記お客様相談窓口までご連絡頂きます様お願い申し上げます。
すでにご相談のお電話をいただいているお客様へは、事務局より順次ご連絡をさせていただきます。何卒宜しくお願い申し上げます。

※一部報道機関によって、「今月6日、 保健所から食中毒の疑いがあるとして主催者に販売を自粛するよう指導したにも関わらず、主催者側は最終日まで販売を継続した」とあります が、こちらは事実と異なり、保健所より連絡を受けた6日12時30分頃から「ハーブチキン ささみ寿司」の販売を一旦停止し、14時30分 頃江東区保健所の現地査察と指導を受けました。メニューを変更するか、肉の中心部まで加熱するよう指導を受けたため、主催側で調理方法の変更(肉の中心部まで加熱)を確認し、同日17時00分頃に江東区保健所に調理方法の変更(肉の中心部まで加熱)をご報告した上で販売再開しております。

◆「ハーブチキンささみ寿司、鶏むね肉のたたき寿司」の詳細
販売会場:お台場シンボルプロムナード公園 夢の広場(東京都江東区)
販売期間:2016年4月28日(木)~5月8日(日)
出店店舗名:大山産ハーブチキン
出店会社名:名和食鶏有限会社

≪専用お問合せ相談窓口≫
電話番号:03-6418-5786(直通)
受付時間:平日11:00~17:00

■イベント問い合わせ窓口
Food Nations実行委員会事務局
03-6418-5786

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.