肉フェス2018TOKYOお台場リポート、肉フェス編集部へ下された本日の指令は肉フェス公式肉アイドル柚之原りえちゃん、通称りえちょへの密着取材。太陽がよく似合うはじける笑顔がとってもキュートなりえちょの素顔をお届けします!肉アイドルりえちょの語る肉愛は本物。ステージ裏にも潜入しちゃいました!

肉フェス公式肉アイドル、りえちょってこんな子!

画像1: 肉フェス公式肉アイドル、りえちょってこんな子!

名前:柚之原りえ(りえちょって呼んでね♡)
推し肉:鶏肉
日本・アジアを中心に音楽活動を行うアイドル&パフォーマー。
何でも楽しんだもん勝ち!をポリシーに公式肉アイドルオーディションを突破した、お肉と楽しいことをこよなく愛する肉フェスを代表する肉食女子。

画像2: 肉フェス公式肉アイドル、りえちょってこんな子!

キラキラの笑顔に抜群のスタイル!羨ましい限りです。
りえちょ「朝晩の筋トレは毎日欠かしません! 」

画像3: 肉フェス公式肉アイドル、りえちょってこんな子!

パンフレットを見ながら、本日の肉戦略を練るりえちょ。そして食べた肉は必ず即食レポに記録するという徹底ぶりもさすが!ちなみにこの時食べていたのは『Cheese Cheers Cafe』からの、バンズの代わりに肉で具材を挟んだ驚異の肉バーガー「とろ~りラクレットチーズのCCC肉バーガー」と九州産ブランド牛「熟成佐賀牛A4・A5厚切りステーキ&焼しゃぶ」。星付きでしっかり評価します。

りえちょ「玉ねぎ、トマトが肉厚のハンバーグ二枚にサンドされています。そこにたっぷりかかったラクレットチーズが最高ですね! 女性やお子様にも人気なんじゃないでしょうか?」

りえちょ流・3日間で肉フェスを楽しみつくす方法とは?

早速、りえちょに肉フェス攻略法を聞いてみました。

画像: りえちょ流・3日間で肉フェスを楽しみつくす方法とは?

りえちょ「あっさり系は、午前中に攻めるのがいいんじゃないでしょうか。牛タンとか、ローストビーフとか、しゃぶしゃぶ系とか。がっつり濃厚系が午後に行きますね」

あっさり肉の代表格、ローストビーフ!贅沢にも最高級和牛をローストビーフにした「黒毛和牛ローストビーフ!特製濃厚卵黄ダレ」は今回肉フェス初登場!

今回初登場の「北海道産特上牛タン」は」、塩味仕上げであっさりいただけます。肉フェスお台場限定。

肉フェス編集部イチオシのキング・オブ・あっさり肉は刻み柚子の効いた「A4黒毛和牛の炙り焼き」!極薄赤身をふんわりやわらか食感でさっぱりと。

①一日目は初出店のメニューを全制覇!

画像: ①一日目は初出店のメニューを全制覇!

りえちょ「初日はまず、初登場店舗を全制覇!今回ビール部門では初参戦の「T.Y.HARBOR BREWERY」さんではクラフトビールの飲み比べも体験してきました。初日から攻めの姿勢で行きます!」

りえちょ推しの鶏肉も、今回は『PINETAIL2990』から、しっとり鴨肉のローストが初登場!

また、今回は「アイスブリュレクレープ」と「ファームズ千代田」が肉フェス初出店。スイーツも充実しています。苦味のないフルーツビールなども充実しており、女子にも嬉しいラインナップです。

②二日目は常連店をコンプリート!

りえちょ「二日目は前回も出店していた“肉フェス常連”のお店を網羅します。同じメニューでも前回の味と比較して違いを考えてみたり。もちろん記録にもちゃんと残します!」

今回肉フェス編集部が訪れたのは、りえちょにとっての肉フェス二日目。
この後は「飲めるハンバーグ」「熟成佐賀牛A4・A5厚切りステーキ&焼しゃぶ」「羽根つき焼小籠包」「門崎熟成肉塊焼&格之進ハンバーグ」を攻めに行くのだそう。

もはや肉フェスの代名詞「飲めるハンバーグ」

肉フェスではおなじみの人気メニュー。ふわふわ濃厚ミルク氷で幸せ気分になれる「新食感スイーツMilkySnow(マンゴー・イチゴ)」

③三日目は…もう一度食べたいメニューだけを狙い撃ち!

りえちょ「一日目、二日目で全メニューを制覇したので、三日目はその中でも特に忘れられない、もう一度食べたいと思ったメニューを心行くまで楽しみます」

―現時点で、三日目にもう一度食べたいメニューはある?

りえちょ「『SHUTTERS』さんの「スペアリブ」!!びっくりするほど柔らかくてジューシーで、一回食べたらやみつきになります!」

お箸で解れるほどの骨離れの良さと柔らかさ!肉フェス運営も太鼓判を押す期待のニューフェイス。
食べやすさととるけるような食感で、女性人気も高い一品。

実は、公式肉アイドルも未だお目にかかれない激レアメニューも…。

りえちょ「『銀座WORLD DINER』さんの「黒毛和牛握り寿司」はいつも即完売。公式肉アイドルの私ですら一度も食べたことがないんです。次こそは…!」

『銀座WORLD DINER』では脂の旨み・甘みをじっくり堪能できる、絶妙なサシの黒毛和牛を使用。サッと炙って肉寿司にし、贅沢にも四貫でのご提供!肉フェス屈指の人気メニュー、食べることができたあなたは超ラッキー。

本日は肉アイドルによる「肉体操」ステージ!編集部も舞台裏に潜入!

画像1: 本日は肉アイドルによる「肉体操」ステージ!編集部も舞台裏に潜入!

本日のステージは、公式肉アイドルりえちょ&非公式(?)肉アイドル「ニクボーイズ」による「肉体操」!“肉”体操なだけあり、時間も1:29なのだそう。

画像2: 本日は肉アイドルによる「肉体操」ステージ!編集部も舞台裏に潜入!

舞台裏での打合せ&練習風景を激写。ステージに上がるその瞬間までリハーサルです。

画像3: 本日は肉アイドルによる「肉体操」ステージ!編集部も舞台裏に潜入!

ステージでは息ピッタリのキレッキレのダンスを披露!会場は大盛況です!
肉体操をマスターすれば、りえちょスタイルになれるかも…。

画像4: 本日は肉アイドルによる「肉体操」ステージ!編集部も舞台裏に潜入!

ノリノリ&元気いっぱいのMCで会場はさらにヒートアップ!
今回の肉フェスでは、肉体操の他にりえちょによるウルトラステージも!
りえちょ「この肉体操も、さらに世の中に広めていきたいです!事業拡大って感じでいろんな形で発信していきたいな」

世界初の肉アイドルの抱く、今後の野望とは

画像: インスタ映えもバッチリな「フルーツ屋さんのストロベリー〆パフェ」と。

インスタ映えもバッチリな「フルーツ屋さんのストロベリー〆パフェ」と。

りえちょ「肉体操を事業拡大していきたいです!お肉に関するプロ目線を持った人は肉フェスの中にはたくさんいるので、私は肉アイドルとしてお客さん目線で楽しめる企画を提案したいな。コラボドリンクのお仕事をさせてもらったりもしたんですけれど、お店の売り子もしてみたいです!」

画像: 会場に駆け付けたりえちょファンに、肉フェス各店舗の肉メニューの魅力を熱く紹介する神対応。

会場に駆け付けたりえちょファンに、肉フェス各店舗の肉メニューの魅力を熱く紹介する神対応。

りえちょ「肉料理のお店で働いていた経験もあって、肉レシピの研究にも凝ってます!肉フェスで食べて美味しかったお料理を自分でも作れるようになりたいと思って、料理本を色々参考にしたり…」

画像: 自作の肉料理をUPしたインスタ画面を見せてもらいました! レベル高すぎてこのままお店で出てきても違和感ゼロな「はちみつと醤油のブロック豚煮込み」

自作の肉料理をUPしたインスタ画面を見せてもらいました! レベル高すぎてこのままお店で出てきても違和感ゼロな「はちみつと醤油のブロック豚煮込み」

りえちょ「元々自炊派で料理が好き。作った料理をインスタにUPしたりもしています。自炊スキルを活かした肉料理企画も、どんどん発信していきたいですね。ダイエットや美容の方面にも攻めて行けたらなと思います。」

肉フェスでお肉をたくさん食べていたら、何もしなくても1㎏痩せていたという経験もあるりえちょ。お肉の専門家からのアプローチとはまた違った、彼女からの肉×料理×美容コンテンツの発信、楽しみでしかない!と思う肉フェス編集部なのでした。これは実現してほしい!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.